読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画まとめ その7

おはようございます。
aka-fat-forseです。


今回は、「漫画まとめ その7」です。

 

なんだかんだと漫画部屋に久しぶりに入ると、細々と位置が変わっている。

こっちには、連載中の漫画、こっちには完結漫画と伝えても、自分以外にはパッとわかるでもなく、適当に入れ替わっていく。

そりゃ、読みたい漫画を枕元へ持って行って、空いたスペースに別の漫画をとかやっていると、整理がなかなか進まない。

CDの棚も同じ現象が。。。

そんな感じで、部屋の奥からなぜか入り口付近に移動していた漫画。

MOONLIGHT MILE 1〜14、16巻>作者:太田垣康男

 

読み出してから、15巻だけないことに気づいた。。。

買ってあったかどうか、微妙なところ。

 

実際は、現在は23巻まで発売されていて、長期休載中。

23巻は2012年1月30日に発売。

もう5年も動きがないのか。

 

たしか、親父が買ってきたコンビニ本から入ったような気がする。

実は、自分では買ってないのかも。

 

第一話のインパクトは凄かった。

色々ツッコミどころあったけど、青年誌、ビックコミック系列はこんなものなのかと思っていた。

宇宙については、専門知識皆無なので、漫画的なモノだと捉えてた。

色々なエピソードがあり、それぞれの人間ドラマは好きだった。

 

だんだんと、人類全体を巻き込んで行き、話が広がって、付いていけなくなってしまった。。。

途中までは、熱中出来ていたんだけど。

 

最近、時間つぶしに葛西のBOOK OFFで20巻あたりを読んだ。

月での生活、スラム街、核戦争の影響。。。

個人的には、このまま休載のまま未完でも良い気がする。

この先、どうまとめれるのか、不安になってしまう。

沈黙の艦隊」を思い出す。

 

宇宙関連の漫画つながりで、「プラネテス」を読みたくなった。

 

15冊追加。

合計77冊。

 

Twitter @AkaiFatHorse
Instagram akai_fat_horse

 

 

 

漫画まとめ その6

おはようございます。
aka-fat-forseです。


今回は、「漫画まとめ その6」です。

 

ダイビングと言えばこの漫画。

ぐらんぶる 1〜7巻>原作:井上堅二 作画:吉岡公威

 

GOODアフタヌーンで連載中のダイビング(サークルの悪ふざけ)漫画。

近年に稀に見る勢いで笑わせにくる、ギャグ漫画。

俺にこんな青春はなかった!

 

連載開始当初は読んでなかったけど、泣きながらアレを断る話を読んでから、コミックスを一気に買った。

ダイビングの話題が出た時に、しれっと薦めた。

第一話は試し読みもあるので、それもしれっと薦めた。

afternoon.moae.jp

最近、Twitterで作者二人のやりとりに気づき、漫画の外でも爆笑した!

これは健全な漫画です!

 

 

たまにダイビングします。

本当にたまに。

 

もうすぐ新刊も出るらしい。

 

ぐらんぶる(8): アフタヌーン

ぐらんぶる(8): アフタヌーン

 

 

今、全力でオススメの健全な漫画です。

 

7冊追加。

合計62冊。

 

Twitter @AkaiFatHorse
Instagram akai_fat_horse

 

 

 

 

 

 

ぐらんぶる(7) (アフタヌーンKC)

ぐらんぶる(7) (アフタヌーンKC)

 

 

漫画まとめ その5

おはようございます。
aka-fat-forseです。


今回は、「漫画まとめ その5」です。

 

今、一番連載再開を願いつつも、作者の健康も祈っている漫画。

ワールドトリガー 1〜17巻>作者:葦原大介

 

読み切りを読んで気に入っていたら、連載開始。

読み切りから色々膨らみ、主人公も増え、キャラクターがどんどん増えていくという。

群像劇になっているような。

弱い主人公が弱いまま、知力を駆使して負けたり勝ったり。

自分としては堪らなく好きな漫画です。

各キャラを掘り下げつつ、ストーリーもある程度テンポよく進んで行く。

キャラ同士のランク戦も面白いし、敵との戦いも面白い。

あと、カバー裏が最高。

本編のイメージをカバー裏で面白く崩してく。

享年92。とか。

 

残念ながら、作者の体調により、長期休載中。

回復して、連載再開して、長続きすることを切に願っております。

 

遂に新刊が発売!

なんとも嬉しいかぎり。

早く買わないと!

 

 

 

 

17冊追加。

合計55冊。

 

Twitter @AkaiFatHorse
Instagram akai_fat_horse

 

 

 

漫画まとめ その4

おはようございます。
aka-fat-forseです。


今回は、「漫画まとめ その4」です。

 

なんとなく思い出して手に取った漫画。

テルマエ・ロマエ 全6巻>作者:ヤマザキマリ

当初は買う気はないけど、存在は知っていた。

地元の友人が読みたいというので、自分が買って貸した気が。。。

返ってきてからは自分の家族もなんとなく読んでいたようだ。

温泉の漫画は少なく、更に歴史も絡むのは少ない。

かなりニッチな題材なのに、大ヒットしてしまった。

映画とアニメは見てないけど、機会があれば見るかも。

 

前半の読み切り感から、後半はまとめに入って、綺麗に終わった感じ。

手元に置いておくのにも、全6巻は丁度いい。

一気に読める!

 

ローマに興味が出てきた。

 

久しぶりに手に取ったら、BOOKOFFで買っていたことが判明。

この作者の別の漫画を普通に買おう。

個人的に、BOOKOFFは子供の頃に世話になったので否定したくはないが、

作者の方に還元されないので、最近は余り利用していない。
面白い漫画を描いてくれる方には、なんらかの還元をしたい。

 

6冊追加。

合計38冊。

 

Twitter @AkaiFatHorse
Instagram akai_fat_horse

 

 

 

 

漫画まとめ その3

おはようございます。
aka-fat-forseです。


今回は、「漫画まとめ その3」です。

 

久しぶりに手を出してしまった漫画。

<四年生>作者:木尾士目

<五年生 全5巻>作者:木尾士目

待った。

PCで木尾士目が一発変換出来た。。。

メジャーな漫画家になったんだなー。

この漫画を十代で読んでしまい、多大なる影響を受けてしまいました。

 「欺瞞」「露悪」この二つは五年生で学んだ気がする。

以前は年1で定期的に読んでたけど、ここ数年は手を出していなかった。

読み終わってから、一週間くらいは何か引きずってる気がする。

何かのきっかけでカバー裏に気付いて、爆笑した!

 

木尾士目といえば、自分はこれ。

げんしけんは読んでたけど、買ってない。

でも、楽園WEBで掲載されたアレのせいで、そこから楽園にはまっていくという。

恋愛漫画?の入り口は木尾士目

 

6冊追加。

現在合計42冊。
 

Twitter @AkaiFatHorse
Instagram akai_fat_horse

 

四年生 (アフタヌーンKC)

四年生 (アフタヌーンKC)

 

 

 

 

漫画まとめ その2

おはようございます。
aka-fat-forseです。


今回は、「漫画まとめ その2」です。

 

なんとなく読み返したので、今回はこれ。

 

食戟のソーマ 1〜18巻>原作:附田祐斗 作画:佐伯俊 協力:森崎友紀

途中から買い出して、途中で買うのをやめてしまった。。。

来月には23巻が出るみたいです。

ジャンプは割と昔から読んでますが、料理バトルの漫画は他にあったかな。

マガジンは<将太の寿司>があったなー。こっちは全巻読んでるけどまったく買ってない。

連載がはじまった当初は、これを少年ジャンプで。。。と若干引いてた気がします。

ヤングジャンプで連載してた<華麗なる食卓>の影響が大きいよ、と。

青年誌ならいいと思うけど、少年ジャンプではどうなんだよ。。。

そんな思いありつつも、途中から単行本買うくらいハマったけど、八百長のあたりで冷めて、単行本を買わなくなってしまった。

ジャンプでは相変わらず読んでいるので、またハマれば一気に買いたい。

 

Twitter @AkaiFatHorse
Instagram akai_fat_horse

 

 

 

 

 

 

 

漫画まとめ その1

おはようございます。
aka-fat-forseです。


今回は、「漫画まとめ その1」です。

 

ブログ書き始めよう、と思ってからまったく書けず。。。

それでも、ちょっとずつCD、漫画の整理は進めてます。

整理しつつ、ここ2年くらいは読めてなかった前に買った漫画とかも読み返してます。

 

まずはなんとなく読み返したこの漫画から。

 

修羅の門 第弍門 全18巻>作者:川原正敏

月刊マガジンで連載が始まった時、興奮と不安が混ざってた記憶があります。

川原さんの前作の海皇紀の完結後、まさか修羅の門の続きを描くとは予想してなかったです。

この時期、過去の作品の続きがどんどん描かれる時期だったような。他に何があったんだっけな。。。

 

修羅の門のラストの手を挙げたシーンが好きだったので、あの続きからだと嫌だなーと思った記憶があります。多分、月刊マガジンで予告か何か見たのだと思います。

不安もありつつ、新連載をを読むと、大満足でした!!

初っ端の覆面キャラは本当に気付けなかったです!

完結まで、満足して読めました。

総合格闘技の世界から、最後は空手。

前作からの戦いも、ここで来たか。

連載当初は身震いしましたが、今思うとここでしかないタイミングで描かれてる。

 

まだ読みたいような、もう満足なような。

でもこれで終わりがいいかな。

そう思ったのに、連載終わった後の修羅の刻を読んだら、また九十九が見たくなった。

10年後くらいに、また続きが読みたいです。

 

Twitter @AkaiFatHorse
Instagram akai_fat_horse